肌に悪い脱毛とは

肌に悪い脱毛とは一体どういう脱毛方法なのでしょうか。



脱毛をして肌が悪くなると言うのは、つまり色素が変化して黒くなったりしてしまうと言うことです。



剃刀にしても剃り続けると、だんだん色が黒くなってしまいます。



これは、剃刀で処理すると、毛周期の幅が狭くなって行くからです。



どんどん剃って綺麗にしているのに、ほぼ数日おきに無駄毛が生えて来る人がいます。



こういう人は処理しているのに、汚い肌の色になると言う悲しい現実になっています。



無駄毛を剃ると言うのは、近くの肌も一緒に剃っているのです。



さらに、剃刀の刃から細菌やばい菌が入ってしまいます。



さらに、さびがある剃刀で処理すると、それもまた肌に悪い影響を与えてしまうんです。



こういう現状をなくす為には、きちんとしたエステに通って無駄毛の処理をすることが求められます。



エステでプロのエステシャンに自分の無駄毛の周期を計算してもらいます。



それに合わせて計画的に脱毛を行っていくのです。



そうすれば、肌に悪い脱毛を回避することが出来ます。


いるじゅらさは定期コースなら最大25%OFF